バラバラに破って廃棄するだけで大丈夫

利用したレシートの所持義務はあるか?答えから先に言うと保存する重要な意味はない。75-7-61

ある人によっては保有していることにより自身が利用した内容を保管しておきたいと考える際は保管すればよいのだろうし、逆にそういった証跡は無くても問題ないという場合は保管しておく必要性はないでしょう。75-4-61

とはいえ毎月送付される使用明細書との照らし合わせ作業時には必ずこういった利用レシートが必要となります。75-10-61

その時点まで保存していなければどこで何月何日にいくらくらい使ったか?という内容が不明になることだけではなく、誤り・重複した請求に関しての照合作業もすることができないから気をつけなければなりません。75-15-61

おそらくクレジットカードを使った内容については明細レシートを持っていない限りは覚えておくことはできないはずです。75-12-61

せめて利用明細書が来る1〜2ヶ月くらいの期間は、しっかり明細を無くさないようにして欲しい。75-19-61

クレジットカードの利用レシート破棄の手段》クレジットの明細レシート処分方法は単純です。75-5-61

見ず知らずの人に悪用されないよう、バラバラに破って廃棄するだけで大丈夫。75-20-61

自宅用機械などが自宅に置いてある場合には用心のために使うのが良いでしょう。75-18-61

なにせカードの利用内容を残している利用レシートなのであるから、クレジットカードナンバー等個人情報の内容を判別できるデータがふんだんに入っているのです。75-8-61

不必要な明細レシートと油断せず、注意して行うべきです。

一方、最近では安全対策のためカード番号等の個人を特定する情報が表示されていない利用レシートもあるが、安全と思い込むことは禁物でしょう。

Copyright © 1996 www.americasanniversary.com All Rights Reserved.
75-9-61 75-13-61