ナンピンの原理です

通常の初心者用の外為取引の本では「損が生まれた場合はナンピンをして、ポジションの平均を買い付け価格を下げる」等アドバイスしていますが現実にはここには危険が隠れています。頭皮洗浄

ナンピンの手法に関してごく簡単に述べておきます。VIPライナーでコンセント・充電ができるバス全13便を完全解説!

例として100円で1ドルを買ったとします。http://www.whxlbj.com/

$買いのため、ドル高に推移するほど儲けを得られますが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高ドル安に推移したとします。ボニック

このままの場合ポジションを保持し続けたら、損失が戻るためには、マイナス分円安が進まなければなりません。任意整理の費用

投資家であれば、損は出来るだけ早く0にしたいと願うでしょう。

それを解決するため最初に売り買いしたのと同じ量のドルを、1ドルを95円で取引します。

そうしたら、ポジションの買い付け価格は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

結果として、半分の幅で円安に向えば、マイナスを回復する事ができます。

それが、ナンピンの原理です。

ナンピンの手法を耳にすると、「その通り」という風に思うが市場はそう容易には問屋を卸しません。

そもそも、1ドル95円以下にならないとは、予想できません。

為替相場がかなり強い円高動向だったら1ドル=95円では下げ止まることなく、より一層ドル安にいく可能性は高くなります。

たとえば、97円50銭でナンピン買いをしたとしても95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピンをしたポジションも、マイナスが生じてしまいます。

そういう状況では最初にエントリーしたドルと合わさってより大きな為替差損を被ります。

このように、ナンピンは一筋縄でいきません。

では、相場が己の筋書きとは反対の方向に素早く向ってしまった場合どういった手法で危機を軽減すればいいのでしょうか。

そういう時には選択する対策は2つしかありません。

最初のひとつは観念して、損切りをすること。

別の方法としては、その段階で、所有しているポジションを小さくする事によって、もう一回外国為替市場が回復するのを黙って待つ事です。

ずいぶん後ろ向きな方法だと思う投資家もいるkもしれません。

だが、ポジションにマイナスが生じた時、最もリスクが低い手段はそれ以外には期待できない。

なるほど、机上では、ナンピン買いする手段もあると思います。

しかしながらナンピン買いは自分自身が損失を披っているにもかかわらず買いポジションを小さくするどころか遂にポジションを積み増していく手法です。

この手段では、危険をコントロールすることなど到底やりようがないと考えるべきです。

ナンピンをし続けられればやがては損失が回復するかもしれません。

だが、その前にお金はマイナスになってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.americasanniversary.com All Rights Reserved.